みんなどうしてる?中高年だけじゃない!20代から70代まで「EDの悩みと解決法」

まさか自分が?!まだまだ自分とは無縁だと思っていても、EDは突然やってくる。
いざその時を迎えたら、私たちは一体何を考え、何を悩み、どのような行動をおこすのか。
妻や恋人には何て打ち明けるのか、関係はどうなるのか…。

想像してみただけでも漠然とした悩みや葛藤が次々と湧いてくる。
ここでは実際にEDを体験し、それぞれに悩み、そしてのちにEDを克服していった人たちの生の声を紹介していこうと思う。

ED治療薬通販No.1サイト「まこと薬局」のホームページはこちら

身近に潜むEDの影!それは突然やってくる
「発症と悩み」

仕事のストレスから20代でEDを発症

3年ぶりに彼女ができて久しぶりに性行為のチャンスが今まで3回程ありましたが、いざ挿入となると3回とも全て途中で萎えてしまい駄目でした。彼女にはその度「久しぶりだから」とか「体調が良くない」「飲みすぎたかな」等々、色々と理由をつけてなんとか誤魔化してきたつもりですが、そろそろ限界だなと思っていました。時を同じくして仕事も新しくなり、そのストレスが原因のEDなのか、体はそれ程疲れていないのにとにかく性行為が上手くいかないのです。彼女にも申し訳ない気持ちで一杯な上、自分としても初めての経験なので正直戸惑っています。
これまでも自慰行為は問題なく、年齢的にもEDの心配など全くしていませんでした。
しかしそれらの症状をネットや雑誌などで調べて見ると、自分もEDなのではないかと思いはじめ、もう二度と性行為が出来ない体なのではないかと思うと不安ばかりが募る日々でした。

25歳/栗林弘樹さん(仮名)

お酒にタバコ、好きなものを好きなように食べる日々。
気づけば生活習慣病からEDに

お酒もタバコも若い頃から毎日好きなだけ嗜み、食事といえば甘いものや脂っこいものがとにかく大好きで、それに反して運動は苦手だし大嫌い…。
当たり前といえば当たり前なのですが、程なくして生活習慣病が宣告されました。
糖尿病と高血圧が発覚し、血栓予防の薬と降圧剤を欠かさず毎日服用する生活が始まったのです。
それをキッカケに生活を一から見直した私は、禁酒禁煙はもちろんのこと、毎日の食事はカロリー計算までしっかりと行いました。
しかし、それからほどなくして今度はEDになってしまったのです。
さすがにショックは大きく、塞ぎ込む日々が続きました。
「お前は男としては終わりだ」と引導を渡された気分でした。
大好きだったお酒もタバコも止め、好きなものも思いっきり食べられないそんな日々の中で、セックスまでも取り上げられてしまった自分が、なんだかとても惨めに思えました。

56歳/桜井肇さん(仮名)

一般的な加齢による衰え でも諦めたくなかった!

50歳になる年から単身赴任で家族から離れて暮らす生活となり、我が家に帰るのは月に1度ほど。しかし妻は献身的に赴任先へ来ては身の回りの世話をしてくれていたので、2週間に1度くらいのペースで性生活がありました。
まるで新婚に戻ったような新鮮な気持ちでそんな生活を楽しんでいましたが、程なくして勃起するまでに時間がかかるようになり中折れすることも多くなりました。
慣れない一人暮らしが淋しかったのか、その頃には毎晩お酒を飲むようになっていたので、飲み過ぎたのかな?程度に考え、お酒の量を控えるようにしたのですが、結局みるみるうちに全く反応しなくなり勃たなくなってしまいました。
妻が訪ねてきてもさっぱり誘わなくなった私に、妻には浮気を疑い始めました。
口論になる度、勃たなくなってしまった事実を打ち明けようと思うのですが、なかなか言い出せず、不調の原因も分からないままだったのでイライラし、夫婦の仲も悪くなる一方。
気付けば妻は赴任先に訪ねて来なくなり、数年後に単身赴任を終えて戻った時には寝室は別々になっていました。
それから10年、何とかして男として復活したい一心で精力剤を試したり、体力づくりにと運動もしました。
しかし全く改善されません。
私は元々少し血圧が高めなのですが薬を飲む程ではなく、それ以外はいたって健康でしたので、やはり加齢によるものなのか…とも思いましたが、どうしても諦めたくありませんでした。

68歳/永井清二さん(仮名)

そして辿り着いた解決法!もっと早く試せば良かった「ED治療薬」

「仕事のストレスから20代でEDを発症」の栗林さん(仮名)の場合

しばらくはウジウジと悩んでいましたが、せっかく彼女が出来たのにこのまま一度も愛しあえないなんて!と思い立ち、更に詳しくネットや本で調べていくうちにED治療薬という選択があることを知りました。更に返品返金対応しているネット通販を知り、これならこっそり試せるし、合わなければ返品すればお金もかからなくていいとやと、思い切って買ってみることにしたんです。結果はもう治療薬様様といった感じで、彼女とも性行為を重ねるごとにラブラブになっていってる気がして今はとても幸せです。

栗林さんと同じED治療薬はこちら

お酒にタバコ、好きなものを好きなように食べる日々。気づけば生活習慣病からEDに」の桜井さん(仮名)の場合

妻は「もう歳だし仕方ないわよ」と慰めてくれましたが、私はまだまだ男としての人生を終わらせたくないと諦めきれず、悩んだ末に治医の先生に相談してみたんです。
先生はすぐに「今飲んでいる薬なら併用しても大丈夫でしょう」とED治療薬を処方してくれました。そのスムーズな対応から、ED治療薬を使っている人が他にもたくさんいるという事も感じた私はなんだかとてもホッとしました。
大好きな酒とタバコをやめ、食事制限の日々を続ける中でSEXの強さを取り戻せた事は私にとって生きる活力そのものと言っても過言ではありません。
諦める必要なんてないんだと、多くの人にED治療薬をもっと知って欲しいと思います。

桜井さんと同じED治療薬はこちら

「一般的な加齢による衰え でも諦めたくなかった!」の永井さん(仮名)

同年代の友人と食事会があり、最近あっちの元気がなくて…なんて話をしてみると、みんなまだまだ盛んな奴が多くて驚きました。中には糖尿病が原因で私と同じように勃起不全になったがED治療薬を飲むようになって、またセックスを楽しめるようになったという話もありました。
「そうか、薬か」と目の前が明るくなるような気がしました。私は持病もなかったので通販で買って試して見るといいと言われ、ED治療薬通販サイトでは口コミNo. 1の優良サイトを教えてもらい、一先ず友人と同じ薬を買って試して見る事にしたんです。今ではすっかり愛飲者です。
ただ一つ悔やまれる事は、私は長い間一人で悩み過ぎた為、多くの時間を無駄にしてしまいました。もっと早くED治療薬に辿り着いていれば、あと10年は早く妻との夜の営みを再開出来ていたのかと思うと、それだけが残念でなりません。

永井さんと同じED治療薬はこちら

まとめ

ED(勃起不全)はどこかで中高年のものと思っていたが一概にそうとは言い切れず、また原因も老化現象だけではなく、ストレスや持病など様々な体や生活の変化に伴って起こりうる、とても身近な症状なのだということが今回の体験談から皆様にもご理解頂けたのではないだろうか。
まだ20代なのにどうして?と悩んでいる方、年齢は関係なくEDに悩む方はたくさんいます。
もう歳だし、諦めよう。と思っている高齢者の方、諦めるのはまだまだ早いかも知れませんよ!
せっかく男に生まれたんです。ギリギリのギリの所まで「男」としての人生を謳歌しようじゃありませんか。
諦めてしまっては、そこで終わりです。
私の友人なんてED治療薬で力強い勃起力を取り戻してからというもの、風俗に恋人に、果ては自慰行為までアグレッシブに男の快楽を楽しむ日々を送っています。
持病がある方は主治医の先生に是非ご相談を。持病がなく健康体の方は、今は手軽にインターネットを使ってED治療薬が買える時代です。
私も利用している返品返金クーリングオフ対応の優良通販サイトで、これを機に是非ED治療薬をお試しください。

まこと薬局のホームページはこちら

SNSでもご購読できます。